FC2ブログ

草こと

カテゴリー "染め" の記事

ざくろ染め

ウール100%の毛糸を
『ざくろ染め』
落ち着いた良い色です。

11111936.jpg

1111193306.jpg




暖簾用の布も。
絞った糸をほどいた感じが好きです。
この状態でとどめておきたい
と思いながらも洗う作業へと進みます。

11111937.jpg

11111938.jpg

11111939.jpg


スポンサーサイト



染め たまねぎ

玉ねぎの皮を地道にとっておきました。
ようやく、
ある程度の量がたまったので、
「玉ねぎ染め」です。

ウールの毛糸を買ってきました。
毛糸を玉ねぎで染めて寒い季節に使える物を作りたいなぁと思っています。

11111734.jpg

11111735.jpg

11111736.jpg



玉ねぎは体を温める食べ物なので、
外側からも温めてくれないかな?なんて思ったりして・・・。

毛糸を染めても、まだ染液が染めれそうだったので、
厚手の布も染めました。

11111737.jpg


一般的な染め方は知りませんが、
私が
玉ねぎ染めをするとき、いつもの染めと替える所があります。
いつもは
染液→媒染液→染液
という風に染めます。
でも、玉ねぎは
染液(しっかり)→媒染液
これで終わりにします。
その方が、色が鮮やかに仕上がると思うからです。
今回もきれいに染まってくれました。


あと、ちょっと
前にビワで薄く染めた布があったので、
それに、玉ねぎを重ねてみました。
玉ねぎ独特の輝くような黄土色ではありませんが、
他には無い色です。

それぞれ、寒い季節に合いそうな温かそうな色に染まりました。

11111738.jpg




染め ざくろ

11111649.jpg


剪定した「ざくろ」の枝をいただきました。
まだ花も咲いていない、つぼみがいくつかついている状態でしたが、
甘い果実の香りが、ほんのりとしていました。

細い枝と葉を鍋に入れていきますが、
ふわふわと柔らかい葉とはうらはらに
かなり鋭いトゲがあってうっかりしていると、
何度か痛い思いをしました。

煮出してみると、
ざくろ特有の黄色の染液。良い色です。ワクワクしてきました。

11111651.jpg





媒染は、ミョウバン、鉄とそれぞれ染めてみました。
ミョウバン媒染は
マツヨイグサより黄色で
玉ねぎより黄土色で
ハルジオンより深い色・・・

凄い違いはないけれど、
でもやっぱり違うんですよね。




鉄媒染はカーキに近い茶色という感じ、
個性のある色になりました。

11111653.jpg


でもすべての植物に言えることですが、
いつもこの植物はこの色か、と言えば
そんなことはなく
それが春とか、夏とか季節によってなのか
花の時期か実の時期かとか
個体差とか、大きく育った場所の違い
・・・などなど。

きっと同じ色にはもう会えない。

それが面白くてやっています。
植物のエネルギーが布にはいりますように。

そうなると、
私のコンディションにも左右されるかもしれなくて・・・

そう思うと自分もきちんと整ってる状態で
作業したいなぁと思ったり。


なかなか染める機会のない「ざくろ」
嬉しい時間になりました。


11111652.jpg


染め 泥

11111589.jpg

自然栽培の田んぼで『泥染め』をしてきました。

お友達の農家さんに「今なら田んぼにはいれるよ」
と誘ってもらいました。
ホントは「補植のお手伝い」をしなければいけないのですが・・・
自由にさせてもらって
本当にありがとうございます!

最初は恐る恐る、でも慣れてくると
田んぼの中は暖かくてヌルッとしていて
とても気持ちいいです。

最近は
時間をみつけて
裸足で外を歩く『アーシング』をするようにしています。
「靴を脱がないと病気になるよ。」というのです。
地中のイオンが体調を整えてくれるようです。

今日は膝まで泥に浸かって最高なのでは?

アーシングしながら、染め作業。
なんて贅沢なんでしょう。ありがたやー

11111593.jpg


11111592.jpg


11111594.jpg



そして
染めはといえば、下処理(下染め)をしていないので
薄い仕上がりに・・・。
色止めは、泥の中の鉄分でなんとかなるかな・・・と思っていましたが
これだと洗っていくうちにもっと薄くなっていく・・・。
まずいな・・・と急きょ作戦変更です。

11111595.jpg



残りは、
家に帰って、豆乳に漬けて干しました。

豆乳のタンパク質さんお願いします!
カラカラに乾いたら、鍋で煮ます。
下処理(下染め)と染めの順番が
いつもと逆になりましたが・・・大丈夫なはず。
どんな出来になるかな?

11111596.jpg

11111597.jpg


梅雨入り前の気持ちの良い季節に
最高の『泥染め』が出来ました。


11111598.jpg


染め ハルジオン

ハルジオンの花が満開です。
道のいたるところに咲いています。
小ぶりの花に、細かーい花びらが特徴的です。

11111569.jpg



染めてみたいと思いながら、
なかなか、染めなかった草です。

絹は染まりそうだけど、
綿は難しいんじゃないかと思っていたからです。
でも、
ようやく、挑戦してみました。

まず気になったのは
ハルジオンとヒメジオンは、何が違うの?ということ。

調べてみると、
ハルジオンの花はピンクがかっていて開花時期は5月~6月。
ヒメジオンの花は白で開花時期はハルジオンより1か月ほど遅い。
ということでした。

今の時期のピンクの花が咲いているのは、
ハルジオンと分かったので早速収集にいってきます。

11111571.jpg



茎は柔らかいので、収穫もしやすく、
細かく切るのも楽でした。
煮出してみると、
染液は、思っていたよりも黄色です。
玉ねぎの染液とマツヨイグサ(月見草)の染液
の中間くらいかな。

問題は
どのくらい色が入るのか
でしたが、思いのほか染まっているようです。

11111572.jpg



今回はミョウバンで媒染。
黄色~黄土色で出来上がりました。
鉄もやってみれば良かったなぁ・・・
と思いますが、また今度の機会に。

草の良い香りも立ち込めて
久しぶりの染め仕事、楽しくできました。


11111573.jpg