FC2ブログ

草こと

2018年07月の記事

ほどけた1本 

前回、「ぐちゃぐちゃにからまった糸」と書きました。
その1本がほどけたときの話。

私は強迫観念を持っています。
症状は、
『同じ道を何度も往復してしまう』
『数字を何度も確認する』
最大に苦労しているのは、
『戸締り』です。

今はだいぶ落ち着いていますが、
酷いころは、支度を終えて家を出ようと思ってから、
戸締りに30分以上かかることもありました。

ここの窓から見て、次はこの窓・・・と順番が決まっています。
順番通りに見ていて、途中で物音がした、違うことを考えたなど
集中が途切れてしまうと、
また振り出し、最初にもどって同じところを何度も何度も確認します。
それを繰り返しているうちに30分以上経過してしまうのです。
しかも、
出勤時間や約束の時間が迫ってくると、あせってしまい
なおさら集中できず、何度も何度も確認して確認して、
なかなか進まない・・・心臓がバクバクと高鳴ってきます。
ドクンドクン、頭に血が上り、追い込まれた精神状態・・・

そう、ただの戸締りで・・・
自分でも笑っちゃいます。でも、その時はそうなっちゃう。

もう、20年近くこの症状と付き合っているので、
それが普通になっていましたが、
もし治るなら、とても楽になるだろう!と
そこに注目し深く考え、見つめなおしていた
ある日、
また順番どおりに戸締りをしていて、ふと
「気を抜くな!気を抜くとまた振り出しに戻らなければならなくなるぞ!」
と言い聞かせている自分に気が付きました。そして、
「なんだっけ?この感覚・・・戸締りの時のこの感覚・・・」
と考えました。
すると昔の記憶が、というか感覚がよみがえってきます。

それはタイムリミットのある仕事。
これは明日まで、これは明後日まで、という仕事を沢山抱えた状態。
窓もない小さな部屋で、毎日夜遅くまでサービス残業です。
ピタッと型にはまる物をつくる仕事で、最後の工程までいっても、
最後の最後でダメになり、振り出しに戻ることもある・・そんな仕事をしていました。
1つ1つ積み上げてきても最後まで、完成するまでは気が抜けない。
期限があって時間が迫ってきて焦りがつのる、追い込まれた精神状態。

・・・・・
・・・そう、私は日常の戸締りで、
その状態をいつもいつも作り出していたのです。
衝撃でした。
私は、その仕事をやめて15年以上
その時の辛かった精神状態を自分で作りだしていた・・・毎日、毎日。
そこまで気づいて
「なにやってるんだよー」と笑い泣きしました。
そして、その日から振り出しに戻るという行動はしなくてもよくなった。
私のからまった糸が1本ほどけた瞬間でした。

だからといって、
順番どおりは変わりません。鍵を穴があくほど見ています。
でも、
振り出しに戻らなくなったのは大きな進歩。

そして、
私のややこしいところは、まだまだあります。
でも、
それも全部ふくめて、それが
今の私です。



スポンサーサイト



糸のもつれ 

わりと適当、ゆるい性格、大ざっぱ・・・
なのですが、
私の中にも闇があります。
闇というか糸のもつれのような物です。

だいぶ前、精神的に病んでいた時期がありました。
病院に行ったわけではないので病名がついたわけではありませんが。

その時にもつれたのかな?
いや、もっと早くから
もつれ始めていたのかも知れません。

中学の時、『腹をくくった』のを覚えています。
私は漠然と何かを探していました。
やるべきこと、打ち込むべきことを探していました。
今思えば『自分探し』
なぜか、早く見つけなければ大人になるまえに!と思っていました。
大人になったら何か見えないレールというか、
枠の中に入ってしまって、みんな同じ向きに進まなければいけない。
そんなイメージでした。
その前に見つけなければ!義務教育中に!
と思っていました。

しかし、とうとう見つけることは出来ずに
というか、見つけ方すら分からずに
卒業を迎えました。

そして、
「きっともう分かることはない。こんな風に悩んだことも忘れてしまうだろう」
「周りの人がよしとするように生きていこう。社会の中にどっぷりと浸かる」
と覚悟を決めたのでした。
「見つけられなかった私の負けです。」と白旗を振りました。

それからは、
いい子、いい人、頑張り屋、責任感・・などなど。
そして、押しつぶされ、立ち上がったつもり・・まぁいろいろありましたが、
中学生の自分に言うなら、
「自分は簡単には見つからない。
『大人はみんな同じ方向を向いていて枠からはみ出てはいけない』わけではない。
諦めてはいけない。」
ということ。

そして今、
社会のこうあるべきという価値観、
他人からの評価
で塗り固められたトンネルからやっと抜け出し、
また、自分探しを始めているという感覚。

そして、そのトンネルの中で
ぐちゃぐちゃに糸を絡ませてしまったなぁ
という感想です。
これからその糸を1本1本ほどきながら、
暮らしを見つめて、自分を探していこうと思います。




こだわる

イベントに出店して思うこと
『私は誰でも出来ることをやっている。ただ、好きこそ物の上手なれ』
ということ。

そんなこと言うと、
私の商品を買ってくれた方々に『誰でも出来るなら、いらないよ』と
言われてしまうかもしれませんが、
手間も時間も心もこめて作っていますのでお許しください。

何か1つを極めて、他の誰にもできないことや物を作る
『職人さん』には憧れますが、
自分が?と考えると、
そんな大それたことじゃなくてもいいかな
というか・・・

例えば、
小千谷縮や大島紬の上等な着物じゃなくて
庶民的な浴衣
とか、
もっと実用的に昔はみんなが作れた縄のような

よそ行きではなく、
毎日の暮らしに溶け込むようなものをつくりたいと。

私、縄が得意だから縄つくる。
私、カゴが得意だからカゴつくる。物々交換しようか!みたいな。
私もその一員になりたい。

私、染めが好きだから『てぬぐい』つくりました。
物々交換をする相手を探すのは大変なので
お金という対価なのだけれど。
そんな気持ちになりました。

そして、もっと暮らすことに『こだわって』いきたいと。
手間をかける、時間をかけるということ。

そう考えていくと
自給自足って凄いなぁと尊敬します。
一方、
この時代に産まれてきた理由はなんだろうと思ったりもします。
(自分が踏み出せない理由をこじつけているだけかも知れません)

この時代に産まれたのだから、
文明の利器を使うことを否定しないし、自分も凄い使っちゃう。
買った洗濯板の出番はごくたまに。
歩ける距離でも車に乗ったり、
自転車を買うと言いながらもう何年も経ちます。
そして、時短時短と考えがち・・・。

昔は、畑を耕して、薪で火をおこしてご飯作って、食事して、
洗濯して、また畑仕事して、夜は縄をなって・・・。
それで1日終わる。

でも今は、
それらすべてを時短にして、じゃあ残った時間を何に使う?
そこをもっと『こだわって』いきたいと思いました。

ここにきて今年掲げた目標が頭をよぎります。
『整える』

どちらも理想とはほど遠いけど・・

よし!どちらも地に足つけて
たんたんと。

ありがとうございます

「まちなか 手しごと市」に出店させていただきました。

沢山のお客様に商品を手に取っていただき、
お話ができたこと大変嬉しく思います。
本当にありがとうございました。

出店者さん達の素晴らしい作品、商品がいっぱいで
出店されたみなさん、スタッフの方々も
とても和やか楽しくて
最高の時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました。
      
                   草こと

出店します

明日は

「まちなか 手しごと市」
2018年7月14日(土)15日(日) 10:00~16:00
見附市大凧伝承館+屋外FOOD RUCK BAR   見附市今町1-7-28
お車は「道の駅パティオにいがた」へお停めください(遊歩道を降りてすぐ会場です)
入場無料 雨天決行

11111678.jpg

11111677.jpg


11111679.jpg

のれん

11111674.jpg

11111675.jpg

11111676.jpg

スワッグとリース

スワッグ(壁飾り)をつくりました。

11111665.jpg

11111666.jpg

11111667.jpg



草もとてもきれいだったので、使いました。
リボンはゴムで取り付けているので
飾り終わったら、
リボンだけ再利用も可能です。

11111668.jpg



ワイヤープランツも
摘んできました。

11111669.jpg

11111671.jpg

11111672.jpg

11111673.jpg



7月14(土)15(日)
「まちなか 手しごと市」に
持っていきます。



ハーバリウム

草花をシリカゲルを使って乾燥させました。

その乾燥させた草花と
専用のオイルを使って、
ハーバリウムをつくりました。

7月14(土)15(日)
「まちなか 手しごと市」に持っていきます。


11111658.jpg


11111659.jpg


11111661.jpg


11111662.jpg


11111663.jpg

ちくちくぽち袋

紙をちくちく縫って
ぽち袋をつくりました。

11111645_20180709104657b7b.jpg

11111646_201807091046585d1.jpg


2重構造にしたので
内側には糸は出ていません。

3種類の柄をつくりました。



11111656.jpg


11111657.jpg


タグ

屋号を
『絞屋』から『草こと』に変えたので、
タグをつくり直しています。

絞屋の時に主に使ったタグは、
紙をコーヒーで染めて乾かし、
はんこをおして、ろうそくとアイロンで
蠟引きする
という方法で作っていました。
(注目はされませんが・・・)
手間がかかるうえに、使い勝手も良くなかった・・・

ので、
全部作り変えることにしました。
まずは、
『消しゴムはんこ』づくり。
消しゴムをカッターで彫って
『草こと』を何種類か作ってみました。
台木に何か使えないかな・・・と
使い終わったシナモンスティックをくっつけてみました。


そしてちょっと、
紙をつくってみようかと・・・
いろいろやってみましたが・・・
・・・断念しました。うまくいきませんでした。



その後もいろいろ試行錯誤の末、
・・・

最終的には
こうなりました。
名刺もこんな感じ。


11111654.jpg

11111655.jpg



まだまだ、
変えきれないなぁ・・・。

屋号を変えるって大変だなぁ。
初めからよく考えれば良かったのになぁ・・・

いやいや、でも、
『しっかりコンセプトを練ったり、ストーリーを考えないと・・・』
という助言やアドバイスを受けて動けなくなっている時に、
ある方が言いました。
『でも、それはその時の思いであって、それを決めてしまっては、
次の瞬間に古くなるし。どんどん更新していけばいいんじゃない』と。
それを、都合よく受け取って活動しているわけですが・・・

それを信条とするならば
どんどん更新できるように成長していきたい。
自分で自分を縛ることなく、
風のように身軽に。

いやしかし、今の目標は
地に足つけてコツコツと淡々と。
だったりもする・・・

まとまらないけど、きっとどっちも大切なんだな。

11111664.jpg

染め ざくろ

11111649.jpg


剪定した「ざくろ」の枝をいただきました。
まだ花も咲いていない、つぼみがいくつかついている状態でしたが、
甘い果実の香りが、ほんのりとしていました。

細い枝と葉を鍋に入れていきますが、
ふわふわと柔らかい葉とはうらはらに
かなり鋭いトゲがあってうっかりしていると、
何度か痛い思いをしました。

煮出してみると、
ざくろ特有の黄色の染液。良い色です。ワクワクしてきました。

11111651.jpg





媒染は、ミョウバン、鉄とそれぞれ染めてみました。
ミョウバン媒染は
マツヨイグサより黄色で
玉ねぎより黄土色で
ハルジオンより深い色・・・

凄い違いはないけれど、
でもやっぱり違うんですよね。




鉄媒染はカーキに近い茶色という感じ、
個性のある色になりました。

11111653.jpg


でもすべての植物に言えることですが、
いつもこの植物はこの色か、と言えば
そんなことはなく
それが春とか、夏とか季節によってなのか
花の時期か実の時期かとか
個体差とか、大きく育った場所の違い
・・・などなど。

きっと同じ色にはもう会えない。

それが面白くてやっています。
植物のエネルギーが布にはいりますように。

そうなると、
私のコンディションにも左右されるかもしれなくて・・・

そう思うと自分もきちんと整ってる状態で
作業したいなぁと思ったり。


なかなか染める機会のない「ざくろ」
嬉しい時間になりました。


11111652.jpg


よろしくお願いいたします

7月14(土)15(日)
「まちなか 手しごと市」に出店させていただきます。

とても沢山のお店が集まる
とても素敵で楽しいイベントです。
ぜひ、お越しください。

今年は、
5台のキッチンカーが会場にやって来るそうです。
私もとても楽しみです。


11111648.jpg


年に一度の手しごと市。
この日だけこの場所にやって来る素敵なお店のすてきな人達。
ぜひここにステキな宝物を見つけにいらしてください。

まちなか 手しごと市
2018年7月14日(土)15日(日)
10:00~16:00
見附市大凧伝承館+屋外FOOD RUCK BAR
見附市今町1-7-28
お車は「道の駅パティオにいがた」へお停めください
(遊歩道を降りてすぐ会場です)
入場無料 雨天決行




6月の草こと

11111638.jpg

11111639.jpg

11111641.jpg

11111642.jpg

11111643.jpg

11111644.jpg

11111645.jpg

11111646.jpg

11111647.jpg