FC2ブログ

草こと

2019年06月の記事

のれん 蟹

のれん ≪ 蟹 ≫

染め : ざくろ×みょうばん

幅68㎝×長さ127㎝

11112142.jpg

11112143.jpg

11112144.jpg

スポンサーサイト



よろしくお願いいたします。

出店させていただきます。
よろしくお願いいたします。

「まちなか 手しごと市」
2019年7月13日(土)14日(日) 10:00~16:00
見附市大凧伝承館  見附市今町1-7-28
お車は「道の駅パティオにいがた」へお停めください(遊歩道を降りてすぐ会場です)

11112147.jpg

11112148.jpg

絞り染め

手ぬぐいの柄は
四角、六角形、丸、縞、線などの
模様を反復するなどして染めてきました。

それに加えて「絵」のような模様も
つくりたくなりました。

目指したのは、
古くからあるような絵柄。
水墨画にありそうな絵柄です。

まず、
染めたい模様から、絞りで表現できるように
デザインをおこします。
白黒で分かるように、単純でシンプルにして
どんな絞りの技法で表現するか考えます。


↓蟹と亀を絞った、染める前の布
11112134.jpg


とりあえず試し染め。
輪郭が上手く出なくて、絞り方をを変えてみたり、
絞り忘れたところが、スッキリして逆に良かったり、
凝った絞りより単純な絞りの方が、インパクトがあったりなど、
試行錯誤の末、
いくつか完成しました。


縁起の良い亀、
滝をのぼるような鯉、


11112135.jpg

11112138.jpg

はさみを振り上げた蟹、
枝を上に伸ばして咲く梅
です。

11112137.jpg

11112136.jpg


ちょっと手ぬぐいとしては
マニアックな柄かなぁとも思いますが、
「私がやりたいこと」
やってみました。

もしかしたら、
興味のある方がいるかも?
そんな方がいたら嬉しいなと思います。

11112139.jpg

11112141.jpg

灰汁媒染

今まで媒染は、「みょうばん」 又は 「鉄」 
で行っていましたが、灰汁を試してみました。

薪ストーブの灰をいただいてきて、
湯を注いで灰汁をつくりました。

11112125.jpg

11112124.jpg


調べてみると・・・
灰汁というのは、植物の灰を水に混ぜた時の上澄み液で、
灰中の水溶性成分だけが溶けた水溶液。
主成分は炭酸カリウム。アルカリ性で染色用途ではアルカリ媒染剤となる


梅で染めた布を灰汁媒染してみると・・・
液がえんじ色に。
どういうことだろう?

11112131.jpg

11112133.jpg

11112126.jpg


感覚としては、
茶色、オレンジ、黄色系の色素を抜くように作用してるような・・・

梅で染めた茶色っぽかった布は
ピンク~オレンジのように染まりました。

その後、黄色に染まった玉ねぎ染めの布を灰汁媒染してみると、
またまた、ピンクになりました。

灰汁は
同一樹種の灰を集めるのが難しいので、
濃度を一定にするのが難しいのと
ムラが出来やすいなぁと感じますが、
その分、同じものが出来ない面白さがありました。

これから灰汁媒染も取り入れていこうと思います。

梅×灰汁 ※ 自然に出来たムラ

11112127.jpg

梅×灰汁※ わざと豆乳の下地をつくるときにムラが出来るように処理したものです。

11112128.jpg



ありがとうございました

大変遅くなりましたが、
2019年4月20(土)21(日)22(月)に
春の浜展2019『浜メグリ』が開催されました。

11112117.jpg


『草こと』は
15 愛の巣(屋号 源右衛門) EARTHDAY~地球さんありがとう~
   草木染め体験 
   玉ねぎの皮を使って染めてみよう! by 草こと・染工房 宙 
   20(土)21(日)11:00~ 
の2日間、参加させていただきました。

4月22日は地球と仲良く~アースデイ~ 
地球環境について考える日
地球のことを考えて行動する日ということで、

捨ててしまう玉ねぎの皮、剪定した梅の枝を使い、
捨ててしまう木灰を使い、
捨ててしまう使用済みのシーツを使い、
屋外で薪をくべながら染めました。


11112118.jpg


いつもは自宅のキッチンで作業をする私には
大量の材料を寸胴で薪をくべながら・・・
というスケールの大きさに手探り状態でしたが

はじまりとともに、
梅の枝が大量に入った寸胴からの
甘酸っぱい香りに包まれました。

11112121.jpg

11112122.jpg


玉ねぎ染めはというと
玉ねぎの皮を贅沢に使用したので
黄色をはるかに超え、布を漬けるとすぐに黄土色に。

私の想定と許容をはるかに超えていました。
黄色を楽しみにしていた子供たちに
「ゴメン!黄土色になっちゃった!」というと
「黄色が良かった!」と怒られました。
ゴメンなさい。大変申し訳ありません。

みんな許してくれてありがとう。
越前浜ののどかな景色、青空の下
染物が出来るなんて、やみつきになる楽しさでした。
本当にありがとうございました。

11112119.jpg


11112123.jpg