FC2ブログ

草こと

お金について考えた

生活していくために、将来のために、老後のために・・・
お金をいくらためておけば安心ということは
なかなかありません。

各種機関などが発表している老後の生活費をみただけで
漠然と不安は募り、どうすればいいんだろう?
と思ってしまいます。

それで私は、まずお金のことを知ろう!と
保険の本や社会制度の本、確定拠出年金の本などを読みました。
しかし、
少し勉強してどうにかなるものでもありませんでした。
(あ、でもちょっと社会のことが分かったような気がします)

そして目にとまったのが、
「ぼくはお金を使わずに生きることにした」
という本です。

実は箸休め的に手にした本で(ごめんなさい!)
単純に自給自足かサバイバル、もしくは超節約の本かな?
と思った私には衝撃的でした。

お金、流通、経済、文明社会、生態系・・・
私がどんなにボケーーっと生きてきて、
そしてどんなに破壊的であったのか
ぐっさぐっさと刺さりまくりました。

だからと言って
「お金を使わずに生きる!」とは宣言できず・・

『なるべく自分で作る
作った人から直接買う
応援したいお店やメーカーから買う』という目標をたてました。

そして
『今は無理でも生きていける知識やスキルを身につけよう』
と思ったのです。
それは目的が、
『貯金をしなければ』から
『お金がなくても生きれるようになる』に変わった瞬間でした。

あ、やっぱりそんな度胸はないので正確に言うなら
『貯金しながら、お金がなくても生きられるようになる』です。
とにかく
途方もない額の目標貯金額の不安からは解放されたのです。

その時、
お金にどれだけ縛られていて
囚われていたかを知りました。
節約して、貯金して、それこそ宝くじにでもあたらなければ
不安から抜けだすことはきっとずっと出来ない。
それはお金に対しても申し訳ない考え方だったと思います。

お金は天下のまわりものとか、
お金はエネルギー、循環させるとか、
それまでは、「そうは言っても・・・」と思っていましたが、
少しは理解がすすんだようです。

だからと言ってまだまだお金を、
上手に大事に使い切れていないと思いますが・・・。

以前のように
いくら貯めたら、老後はなんとか暮らせる?
いくら貯めたら、何年暮らせる?
とか・・・無意味な思考や不安に時間をかけることはなくなりました。

難しいことは分かりませんが
「お金はあってこしたことないけど、なくても何とかなるわい!」
と笑って自分を信じれるようになりたい。
そして、
作り手○○さんのところにいってらっしゃい!
と気持ちよくお金を送り出せる
そんな人になりたい、そんな場をつくりたいなぁと思います。

11111493.jpg

スポンサーサイト