FC2ブログ

草こと

こだわる

イベントに出店して思うこと
『私は誰でも出来ることをやっている。ただ、好きこそ物の上手なれ』
ということ。

そんなこと言うと、
私の商品を買ってくれた方々に『誰でも出来るなら、いらないよ』と
言われてしまうかもしれませんが、
手間も時間も心もこめて作っていますのでお許しください。

何か1つを極めて、他の誰にもできないことや物を作る
『職人さん』には憧れますが、
自分が?と考えると、
そんな大それたことじゃなくてもいいかな
というか・・・

例えば、
小千谷縮や大島紬の上等な着物じゃなくて
庶民的な浴衣
とか、
もっと実用的に昔はみんなが作れた縄のような

よそ行きではなく、
毎日の暮らしに溶け込むようなものをつくりたいと。

私、縄が得意だから縄つくる。
私、カゴが得意だからカゴつくる。物々交換しようか!みたいな。
私もその一員になりたい。

私、染めが好きだから『てぬぐい』つくりました。
物々交換をする相手を探すのは大変なので
お金という対価なのだけれど。
そんな気持ちになりました。

そして、もっと暮らすことに『こだわって』いきたいと。
手間をかける、時間をかけるということ。

そう考えていくと
自給自足って凄いなぁと尊敬します。
一方、
この時代に産まれてきた理由はなんだろうと思ったりもします。
(自分が踏み出せない理由をこじつけているだけかも知れません)

この時代に産まれたのだから、
文明の利器を使うことを否定しないし、自分も凄い使っちゃう。
買った洗濯板の出番はごくたまに。
歩ける距離でも車に乗ったり、
自転車を買うと言いながらもう何年も経ちます。
そして、時短時短と考えがち・・・。

昔は、畑を耕して、薪で火をおこしてご飯作って、食事して、
洗濯して、また畑仕事して、夜は縄をなって・・・。
それで1日終わる。

でも今は、
それらすべてを時短にして、じゃあ残った時間を何に使う?
そこをもっと『こだわって』いきたいと思いました。

ここにきて今年掲げた目標が頭をよぎります。
『整える』

どちらも理想とはほど遠いけど・・

よし!どちらも地に足つけて
たんたんと。

スポンサーサイト